jsurfer's language selection page > jsurfer のホームページ(日本語) > ポケコンのページ > PC-E500系ポケコンの覚え書き





PC-E500系ポケコンの覚え書き
written by jsurfer
last updated on 12/06/2013


======================================


オールリセットをする:
[ON]キーを押しながらリセットボタンをペンで押して、[ON]キーを押した状態のままペンをリセットボタンから離す。


======================================


メモリ(RAM)の空き容量を表示する:
FRE0 [RET]


======================================


キーボードのクリック音を消す:
[CTRL]-[0]


======================================


マシン語領域を確保する:

16KB (4000h)確保するには
POKE &BFE03,&1A,&FD,&B,0,&40,0 [RET]
CALL &FFFD8 [RET]

32KB (8000h)確保するには
POKE &BFE03,&1A,&FD,&B,0,&80,0 [RET]
CALL &FFFD8 [RET]



マシン語領域を確保した後、

FRE0 [RET]

と入力して、メモリの空き容量が減っているのを確認すればいいかも。


======================================


メモリ内に 128KB のサイズの E: ドライブを作成して、RAM ディスク として使う:
INIT"E:128K" [RET]



E: ドライブを RAM Disk に設定した後、

FRE0 [RET]

と入力して、メモリの空き容量が減っているのを確認すればいいかも。



E: ドライブにプログラムをセーブする:
SAVE"E:ABC.BAS" [RET]



E: ドライブからプログラムをロードする:
LOAD"E:ABC.BAS" [RET]



E: ドライブにセーブされているファイル一覧を見る:
FILES "E:" [RET]



E: ドライブの空き容量を確認する:
DSKF "E:" [RET]



E: ドライブに入っているファイルを削除する:
KILL "E:ABC.BAS" [RET]


======================================


ターミナルソフト(フリーウェアの「Tera Term」等)を使ってパソコン←→ポケコン間でのファイルの転送を可能にするため、ポケコン上で通信設定をする:

POKE &BFD35,0,255,0,80 [RET]
OPEN"9600,N,8,1,A,L,&H1A,N,S"[RET]
CLOSE [RET]

この通信設定は1度実行するとオールリセットをかけない限りする必要は無い。


======================================


APLINK (aplinksw32.exe) を使ってパソコン←→ポケコン間でのバイナリファイルの転送を可能にするため、デバイスドライバをインストールする。やり方はマシン語領域を確保した後、 「PLINK.BAS」をポケコンに転送して RUN すればいい。デバイスドライバ(常駐プログラム)なので、オールリセットをかけない限り、このステップはもう踏まなくていい。


======================================


フォント書き換えを使っているプログラムを走らせて終了した後、カタカナ表示がおかしくなる場合がある。これを直すには

[CTRL]-[+/-]

を押せばいい。これでも直らない場合がある(特に PC-1480U でダメなことがあった)。その場合、

INIT"SCRN:"[RET]

と入力すれば直る。


======================================


PC-E500系ポケコン一覧:

PC-E500 (32KB RAM): 教育用の機種は PC-1480U (32KB RAM) と PC-1490U (64KB RAM)
PC-E550 (64KB RAM): 教育用の機種は PC-1490UII (64KB RAM)
PC-E650 (64KB RAM): 教育用の機種は PC-U6000 (64KB RAM)








@ .